赤ちゃんの夜泣きに効果的な対策は

赤ちゃんの夜泣きにお母さんをはじめとした家族は悩まされるものです。

子供服のアウターのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

ただでさえ体力が回復していない産後の身体に、夜の授乳もあるのに、夜泣きまで加わってしまうのは赤ちゃんだから仕方ないと分かっていても、心底つらいと感じてしまうでしょう。原因として、お腹が空いている、おしめが濡れている、部屋の温度が不快、汗をかいて身体が気持ち悪いなどといったことが考えられます。



しかし、赤ちゃんは眠たいことを不快に感じてぐずっていることなどもあるため、それらを確認しても夜泣きがおさまらない場合も多いのです。

そのようなときは、換気扇の音や、ドライヤー、掃除機などのブォーンという音を聞かせてあげると泣き止むことがあります。また、ビニール袋をガサガサと鳴らすと落ち着く場合もあるでしょう。その音は、赤ちゃんがお腹の中で聞いたお母さんの心臓の音に近いからだといわれています。

授乳をしながら寝る沿い乳をしなければ眠れなかったり、抱っこして数十分歩き回ると夜泣きがおさまったり、それぞれ眠りやすいスタイルがあるので、パターンを掴むことが夜泣きをおさめるポイントです。

ドライブに連れていくと振動で眠りやすい効果がありますが、そればかりを繰り返すとドライブをしないと寝なくなってしまうクセがつくこともあるので注意が必要です。


お母さんの気持ちは敏感な赤ちゃんに伝わるので焦らずにそのうちに眠るとどっしり構えることは大切なポイントです。