iPhoneXの機能をより一層活かすためには

###Site Name###

大手通信会社のガラケーやアンドロイドスマートフォンを使われていた方が、初めてiPhoneXを購入したとき、事前にインストールされているアプリの少なさに驚かれるのではないでしょうか。

ワンセグ視聴アプリなどもインストールされていませんので、必要に応じてアップルの運営するApp SoreからiPhoneXにダウンロードする必要があります。
アプリには有料なものと無料のものがありますが、いずれにせよダウンロードにはApple IDというアカウントが必要になります。


アカウント作成のためにe-mailアドレスやパスワードが必要になりますので、もし、おじいちゃん、おばあちゃんにiPhoneXをプレゼントする時は、事前の準備をしてあげるといいかもしれません。

もし有料のアプリをダウンロードする場合には、クレジットカード情報の登録が必要ですが、コンビニの店頭でも販売されているiTunes Cardというプリペイドカードの情報を登録してアプリを購入することもできます。さて、iPhoneXお使いの方でパソコンはウインドウズ、タブレットはアンドロイドという方は、買い替えのタイミングで、パソコンをマック、タブレットをiPadにすることを検討されては如何でしょうか。

たとえばエクセルの内容をじっくり修正するのはマックPC(マック用のオフィスソフトがあります)、新聞を読むのはiPad、メールやラインのやり取りはiPhoneX(今後はiWatchかもしれません)というように活動シーンに応じて使い分けても、製品間で自動的に情報のやり取りをしてくれるますので、自分のやりたい事が本当にスムーズにできます。

スティーブジョブズ氏が亡くなって以降、いわゆる尖った新製品は出てきませんが、アップルの製品間の連携などは確実に深化して、ユーザーフレンドリーになっています。


一度どっぷりアップルの世界に浸るのも楽しいのではないでしょうか。


現代における交友関係の広げ方、交友関係の持ち方というものが大きく変化を遂げています。

これまでは、顔と顔を合わせ実際に会うことから交友が始まりました。

直接的な対面方法が無くても、友人の友人であるなど必ず顔見知りの者を介しての交友関係の構築というものが行われてきました。
このように、直接顔を合わせ、意気投合した後に深い交友関係に発展していくというのが、これまで長い歴史が存在する人類における工程でした。



ところが、この交友関係の広がり方に今までには無いことが起きています。

それが、iPhoneXの登場による、架空のネットワーク上での交流の始まりから発展する深い交友関係です。
iPhoneXには、様々な事柄を発信することができるソーシャルネットワーキングサイトへアクセスできるアプリが多数揃っています。

こうしたソーシャルネットワーキングサイトへのアクセスにより、直接的な対面をしたことが無くとも同じ境遇、趣味、思考を持っている方と交流を持つのです。



こうした架空の世界を軸とした交流に警鐘を鳴らす方も多いのですが、先に顔を合わせてから始まる交友関係に比べて、外見を見ずして内面的な部分から接するソーシャルネットワーキングサイトでの交流の始まりの方が生涯の付き合いになるということが多いのです。


これは、iPhoneXという手のひらに収まるほどの小さなデバイスが起こした変革と言っても過言ではないほど、これまでの常識を覆したのです。