iPhoneXの耐衝撃能力

###Site Name###

iPhoneXは落下による衝撃にとても弱いスマートフォンと言われています。

もともと薄型の大型ディスプレイを搭載しているので割れやすいのです。

iPhoneX5あたりからボディを強化し、また、液晶ガラスも強化タイプを利用してきていますが、それでも打ちどころが悪いければ割れてしまいます。


そこで注目されているのが衝撃吸収タイプのケースとフィルムです。

iPhoneX純正のケースでは耐衝撃のケースは無いのですが、サードパーティーからさまざまなタイプが販売されています。


耐衝撃ケースは材質を厳選してきているので以前とは違い、どんどん薄型化しています。耐衝撃ケースといえば厚さが1センチもあるタイプが多かったのですが、現在ではケースを入れてもデザイン面でも不格好なものは少ないです。耐衝撃ケースはほとんどが液晶ガラスも含めて数mの高さから落としても壊れないことを売りにしています。

中にはガラス面にドライバーなどで傷をつけようとしてもつかないことをうりにしているものまであります。


耐衝撃ケースを選ぶ際は2つのポイントが有ります。



1つは薄さ、もう一つは軍事レベルです。

薄さは使い勝手に直結しますし、充電ケーブルが接続できることやタッチ操作がしっかりできることが大切です。



そして軍事レベルについては衝撃を図る指標はほとんどがアメリカ軍の基準を元にしていることが多く、軍事レベルで使えるケースを選べば日常生活ではほぼ落下などで壊れることはありません数あるスマートフォンの中でも、特に人気が高いものがiPhoneXです。



iPhoneXはiOSと呼ばれる独自の基本ソフトを搭載しており、他のAndroid端末に比べても独自の多彩な機能が豊富に揃っているのが魅力です。iOSの利点として、操作方法が非常に簡単なことが挙げられます。

説明書などを読まなくても直感的に操作することが可能なため、始めてスマートフォンを扱う人や機械に疎い高齢者や子どもなどでも少し使用するだけですぐに操作に慣れることができます。

iPhoneX独自の機能として、iMessageやFACETIMEと呼ばれる機能があります。これはiPhoneX同士であれば無料でチャットのようなメール送受信が可能であったり、テレビ電話として相手の顔を見ながら通話をすることが可能です。また専用の管理ソフトiTunesを利用することで、内部に保存されているデータを簡単に同期したりバックアップを行うことも可能です。

大量の音楽データや動画ファイルなども、簡単な操作で端末とパソコン間を自由にやりとりすることができるのも大きな利点です。


万が一iPhoneXを無くしてしまった時にも、GPS機能を利用して端末がどこにあるのかを探すことができるのも大きな特徴です。
また、盗難などにも対応できる用、遠隔操作でロックを行ったり、データを消去するなど、プライベートのセキュリティに関しても便利な機能が揃っているのも魅力の一つです。