口コミで話題の名古屋の水漏れ修理業者

名古屋で多いトイレつまりと解消方法

トイレを使ったあとは水を流すことで清潔さを保つことができますが、その水の流れが悪くなってしまうこともあります。

つまりが発生していると、スムーズに水が流れなくなりますし、逆流のおそれもあります。前兆としては、以前より水の流れが悪いと感じる、水位が上がってくる、そして流したときに異音がするなどがあげられます。つまりの原因がトイレットペーパーの場合や、少しずつ水が引いている場合は自分で直せる可能性がありますので、まずは自宅できる対策を試してみましょう。

名古屋でも、こうしたトラブルは頻繁に発生していますが、簡単な方法ではお湯を流すということがあげられます。つまりの原因であれば、お湯はそれを溶かすのに有効です。お湯を流してから、しばらく時間を置いて、バケツで少しずつ水を流して改善されたかどうかを確認してみましょう。このときも熱湯を使うと便器が割れてしまう可能性がありますので、ぬるま湯が向いています。

名古屋で多くの人が試している、改善策としては、名古屋の多くのお店で販売されているラバーカップがあげられます。使うときは汚水が周囲に飛び散らないようトイレの床にビニールシートや新聞を敷いておくことがおすすめです。水位が高すぎる場合は汚水があふれる可能性がありますので、灯油用のポンプなどを使って吸い出しておくと安心です。逆に水位が低すぎても作業はしづらいので、バケツなどで足しておきます。作業のときは、便器にもビニールシートをかぶせておくと、汚水の飛散を防げるので後片付けも楽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です