口コミで話題の名古屋の水漏れ修理業者

名古屋の台所のつまりのトラブルの原因

名古屋のつまりのトラブルが多いキッチンは、洗い物などをしていて急に排水溝から水が逆流してくるものです。

逆流までと言わなくても水の流れが悪くなることもありますが、これは排水溝が詰まっていることが原因です。このようなことはよく起きることで、大体は徐々に流れが悪くなってくる場合と、急に悪くなって流れなくなる場合があります。水の流れる速さが遅くなってきて、ぼこぼこと変な音が鳴るときは、名古屋でも多いトラブルで汚れでつまりが起きてます。急に水が詰まってしまったり、逆流してくるときは大きい固形物が排水管やホースへ流れてしまい、ホース内で詰まっていることが原因です。

この場合を除いて名古屋のつまりトラブルで多いのは排水パイプ内の汚れで、シンク下にはパイプが下に向かって通ってますがこの内部に汚れが溜まると詰まってしまいます。新築だと全く汚れない綺麗な状態ですが、暫く住んでいたり築年数が経過している賃貸だと、既に汚れが蓄積されていることが殆どです。引越しをしてから外からだと綺麗に掃除しているように見えますが、実は排水管の外側だけ掃除しているだけで内部までは掃除されてないことが多いです。

不動産会社は見た目だけを重視するので外側の見える部分だけ清掃してます。住み始めたときから既にパイプ内は汚れた溜まっていて、これが少しずつ溜まっていくと流れが悪くなって排水能力が下がります。特にトラップやL字の曲がり部分に起きやすく、本来は虫などが上がるのを防ぐ役割がありますがここが一番起きやすい部位でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *