口コミで話題の名古屋の水漏れ修理業者

自分で水漏れトラブルを修理するコツ

業者に依頼せずに自分で水漏れトラブルを修理したい時には、すぐにできる応急処置から始めます。

最初にやるべきことは、水道メーターボックス内にある止水栓を閉めることであり、閉めれば家全体の水が止まります。長時間止めておくと生活に支障をきたしますが、開いたままで作業をすると家の中が水浸しになる恐れがありますし、ゆっくりと作業できませんので必須の作業です。マンションやアパート等の集合住宅にお住まいの方は、部屋ごとの止水栓を閉めて対応することになります。

キッチンでの水漏れトラブルを修理する場合には、シンク下にある配管部分についているレバーを回して水を止めましょう。レバーの形状はそれぞれ異なりますが、右回しをすると水が止まるのは同じです。キッチンの水漏れトラブルならこれだけで作業に入れますが、中にはレバーがついていないタイプもあります。レバーがついていなければ、止水栓で家全体の水を止めてから修理を行うしかありません。

事前に応急処置を行ったら、あとは原因を探し出して対処するだけですので、漏れ出ていた部分をじっくりと観察します。ほとんどはパッキンの摩耗により起こり、パッキンは市販されているため交換が可能です。近くにホームセンターがあると型番の一致するものをすぐに購入して交換できるため、自力での修理といっても時間も手間もかかりません。ホームセンターに無いものは、インターネットの通販ショップでも手に入ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *